ストーカー行為・つきまとい(ストーカー規制法違反・軽犯罪法違反)

昔付き合っていた相手のことが忘れられずに四六時中つきまとってしまったり、家や職場などに何度も無言電話をかけたりという事をしてしまった時に、ストーカー規制法違反に問われることがあります。

どういった行為がストーカー行為にあたるのですか?

ストーカー規制法では、下に書いたような行為を繰り返し行なった場合がストーカー行為になるとしています。

  1. つきまとい。待ち伏せ。進路の立ちふさがり。住居、勤務先、学校などの付近において見張りをしたり住居などに押し掛けること。

  2. 行動を監視していると思わせるような事実を告げたりすること。

  3. 面会、交際その他理由のないことを要求すること。

  4. 著しく粗野・乱暴な言動をすること。

  5. 無言電話をかけたり、拒まれたにもかかわらず、連続して、電話やファクシミリ装置を用いて送信すること等。

  6. 汚物、動物の死体などを送付すること等。

  7. 名誉を害する事を告げること等。

  8. 性的羞恥心を害する事を告げ、または性的羞恥心を害する文書、図画等を送りつけたりすること等。

ストーカー規制法違反に問われるとどれくらいの罪になるのでしょうか。

あなたの行ったつきまとい行為に耐えられないとして、相手が警察に告訴状を出してその後最終的に逮捕されてしまったとします。このような場合には、6ヶ月以下の懲役刑または50万円以下の罰金になります。
また、場合によってはストーカー規制法に基づいて警察から警告がなされることもあります。そして、この警告がなされても無視してストーカー行為を続けている場合には、公安委員会の名前で禁止命令が出されます。更にこれを無視してストーカー行為を続けている場合には1年以下または100万円以下の罰金になります。

恥ずかしながらご相談をさせてください。先週の金曜日の夜のことですが、酔った状態で道を歩いていたら前に女子高生が歩いていました。一度追い越して顔を見たら自分のタイプだったので「どこに住んでいるんだろう」と思い、かなりの距離を後をつけてしまいました。途中でその女子高生に気づかれてしまい警察を呼ばれてしまいました。警察官は私は軽犯罪法違反といっていましたが、これがストーカー規制法に問われてしまうことはあるのでしょうか。

面識のない女子高生を追いかけたとうことですので、反復して継続しているつきまとい行為とはいえません。そのため、ストーカー規制法に問われることはないと思います。
あなたの行為は軽犯罪法第1条28号のつきまとい行為にあたりますので、拘留または科料を受ける可能性があります。
拘留は、最長で29日間刑事施設に収容される刑罰ですが、この程度のつきまとい行為で拘留になることはないと思われます。拘留はそれくらいくだされることが少ない刑罰です。
科料は、1万円未満を徴収される刑罰です。9000円を支払えとされることが多いでしょう。
このように科料は罰金と比べると少ない金額しか徴収されません。しかし、前科であることにはかわりはありません。もちろん、あなたが反省しているということで科料にすらならない場合もあるかもしれませんが、どうしても前科にしたくないというのであれば弁護士に依頼して被害者の女子高生の親御さんと示談をする必要があるかと思います。ご検討ください。

1年ほど前に知人に「1ヶ月以内に返す」と言われて100万円を貸しましたが、今に至るまで返してもらえていません。電話やメールも無視されているので知人の家に取り立てに行ったのですが、その時知人からは「次来たらストーカー規制法で警察に捕まえてもらう」と言われてしまいました。知人のいうとおり私がストーカー規制法で逮捕されることはあるのでしょうか。私としてはお金を返してもらいたいだけなのですが。

ストーカー規制法によって罰せられる行為は、恋愛感情などの好意の感情又はそれが満たされなかったことによる恨みの感情を伴って行われる必要があります。
そのため、借金の返済を求めているのであれば、ストーカー規制法には違反しないことになります。ただし、あなたとその知人がかつて交際していたという関係であったりした場合には、あなたとしては借金の返済を求めているつもりでも、相手は恋愛感情や恨みの感情でつきまとっているとして警察に申し出ていることも考えられますので、その場合にはストーカー規制法に違反していると判断されてしまうこともあるかもしれませんのでご注意ください。
そのような関係がない場合には、借金の取り立て自体は基本的には犯罪にはなりませんが、強い言葉で返済を迫ったような場合には脅迫罪に問われることもありえます。民事事件の弁護士に依頼をして法律的に返済を求めていくのがよいのではないでしょうか。

ホーム / 弁護士費用 / 弁護士紹介 / よくあるご質問(Q&A) / 罪名別解説 / お問い合わせ
東京弁護士会所属 弁護士 鈴木沙良夢(すずきさらむ)
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町62 芝田ビル7階 鈴木沙良夢法律事務所
電話 : 03-6228-0399 E-mail:keijibengo@keijibengosi.com
Copyright(c) 鈴木沙良夢法律事務所 All Rights Reserved.